220329_想造楽工0058_low.jpg

新着情報・記事

NEWS / BLOG
ABOUT

まほうのほうきについて

「まほうのほうき」は、地域の人びととの交流を通じて暮らしの支援を行い、「子育てしやすく暮らして楽しい、賑わいのある地域を実現すること」を目的に、ボランタリーな活動を行う団体です。昔懐かしい駄菓子屋をイメージした居場所を提供し、定期的に子ども食堂やパントリー(食料配布)、リユース衣料の配布、自然体験イベントなどを開催していきます

「まほうのほうき」という名前は、何か困ったことが起きたとき、その人のもとへ、“まほうのほうき”に乗ってサーッと飛んでいきたい、また、困ったことをサッと解決できる“まほうのほうき”のような存在になりたい、という思いが込められています。

子どもたちや地域の人びと、運営スタッフなど、活動に参加するすべての人びとが、楽しんでもらえるような居場所づくりをしたいと思っています。

運営スタッフ

「まほうのほうき」は、学校の先生をしていた人や、保育園などで保母さんをしてきた人、看護師をしてきた人、福祉関係の仕事をしている人などが中心となり、運営しています。

 

活動拠点

Yottette

〒192-0904

東京都八王子市子安町4丁目28−8

まほうのほうきの活動拠点「Yottette」は、2022年4月に八王子市子安町でオープンしました。子どもも大人も分け隔て無く関わり合うことができる、地域に開かれた交流スペースです。

MAP

 

活動拠点

Yottetteでの活動

01

子どもの居場所 ~キッズサロン~

開催日

火・木曜日14:00‐19:00、水・金曜日14:00-17:00、土曜日 12:00-17:00(予定)

駄菓子屋の奥にある4畳半二間を利用し、放課後の学習・滞在場所と、夕食前の空腹を満たす軽食やおやつを提供します。また、さまざまな教室を開催することで、体験を通じた子どものスキルアップを図ります。

IT体験教室

フードバンク八王子ワークスと連携し、PCやタブレット等を活用したプログラミング教室を実施します。

英会話教室(無料)

地元(子安町)の英会話教室の先生が遊びを交えながら英会話を教えてくれます。第2.3土曜日16:00-17:00

子ども自然体験教室

NPO法人小津倶楽部と連携し、子ども食堂農園での農林業など自然体験を提供。

02

子ども服等の地域内リユースの促進

〜Mottette〜

(もってって)

開催日

令和4年4月以降の各月第3土曜日 14:00-16:00(予定)

子どもの成長に伴いサイズが合わなくなった洋服やくつ、使わなくなったおもちゃ等の提供を受け、必要とする方に持ってってもらう、それが「Mottette」です。大切に着ていた洋服を地域の子ども達がリユースすることで、新たなコミュニティが生まれ、ものを大事にする心を育みます。

03

高齢者の居場所 ~シニアサロン~

開催日

令和4年5月以降の毎週月・水・金 13:00-16:00(予定)

駄菓子屋の後ろにある4畳半二間を利用し、手芸や将棋教室などを通じて、地域の一人暮らしをしている高齢者の交流拠点として活用。また、高齢者に駄菓子屋の店番をしてもらい、地域の子どもに昔遊びを教えるなどの活動を通じて、様々な年代の交流を促進します。

04

地域内への困窮世帯向け食料配布 ~パントリー~

開催日

令和4年1月以降の各月第1土曜日 13:00-16:00(予定)

コロナ禍を受けて、困窮する地域のひとり親世帯や高齢単身世帯等を対象に、フードバンク八王子を中心とした八王子子ども食堂ネットワークの協力を得ながら、食料配布や子ども食堂を実施する。

※コロナ禍が収まれば、令和4年中ごろから子ども食堂をオープン予定

05

その他、展開したい活動

地域の空き家活用事業「アキヤサカス」

地域の空き家の庭を整備し、地域新たな交流拠点として活用。空き家の庭で野菜を育て、子ども食堂に食材として提供するとともに、庭一杯に花を育て、 子どもから高齢者が集う地域の交流拠点として整備・運営し、地域景観と防犯・防災性の向上に寄与します。

※平成30年度都民提案事業空き家対策部門最優秀賞受賞。それを受け、市住宅政策課が支援事業「貸し庭支援事業」を立上げ

地域の高齢者の生活支援「Tetudatte」

地域の高齢者の生活支援を、市の「住民主体による訪問型サービス」にて実施し、水道光熱費、備品費、家賃等のランニングコストを本事業で賄う取り組みです。

SCHEDULE

スケジュールカレンダー